Bose Framesをレンズ交換してメガネとして利用する3つの方法

ガジェット

Bose Framesのレンズをクリアレンズに交換すれば、見た目は普通のメガネなのに音楽を聴けるスマートグラスになります。今回はレンズ交換の方法を具体的にご紹介します。

Bose Framesをレンズ交換してメガネとして利用する3つの方法

1. JINSに持ち込んでレンズ交換してもらう

Bose Framesの販売を行っている25店舗に限り、度付きレンズへの変更ができるそうです。

Bose Frames - オーディオサングラス | JINS - 眼鏡(メガネ・めがね)
【サングラス×サウンド】視覚とサウンドがクロスする、BOSE初のオーディオサングラス「Bose Frames」誕生。超小型化されたスピーカーで周囲の目を気にすることなく、臨場感あふれる豊かなサウンドに没頭できます。革新的なパーソナル・オーディオ体験をお楽しみ下さい。

2. Zoffに持ち込んでレンズ交換してもらう

私はZoffでレンズ交換をしてもらいました。以前にZoffでメガネを作成していた時のデータが残っていたので、視力検査なしでレンズ交換をしてもらうことができました。

会社用のPC作業用メガネとして利用するためにブルーライトカットレンズにしました。価格は通常のレンズで3,000円〜となっています。

フレーム持ち込みで対応してもらえるので、全国の店舗で対応していただけると思います。ただしレンズ交換時の破損などは保証対象外とのことなので神経質な方は別の方法が良いかもしれません。

レンズを自分で取り外して元々付いていた標準サングラスに戻すなど、気分やシーンに合わせてレンズを変えることができるのも気に入っています。

3. ビックカメラに持ち込んでレンズ交換してもらう

ビックカメラ各店・メガネコーナーでもBose Framesのレンズ交換を行っています。

まずは店舗にお問い合わせをされることをお勧めします。

Bose Frames Alto 6ヶ月レビューはこちら

Bose ボーズ Frames Alto フレーム アルト【送料無料】Bluetooth ワイヤレス オーディオサングラス スピーカー ウェアラブル 【1年保証】楽天で購入

コメント

タイトルとURLをコピーしました